[うきはWEB 感動とやすらぎ]うきは市観光体験ホームページ TOPへ

うきはを楽しむ その2

TOP ≫ うきはを楽しむ

うきは市は、福岡県の南東、大分県との県境にあります。
市の南部に東西に横たわる耳納連山と、北部を悠々と流れる筑後川に囲まれ、恵まれた自然環境から県内でも有数の穀倉地帯としても知られています。また、江戸時代、吉井町は豊後街道の宿場町としても賑わい、うきはの農産物で財を成した豪商たちによって建てられた白壁の家々が現在も多く残っています。
そんな「自然と歴史のまち うきは」の楽しみ方をご紹介します。

うきはを楽しむその1

うきはを楽しむその2

うきはを楽しむその3


筑後吉井の白壁の町並み散策

棚田の清流の里で森林セラピー

フルーツの里うきはで春夏秋冬フルーツ狩り


うきはを楽しむその2

棚田の森でゆる~っと森林セラピー

写真


「森林セラピー」とは、森林浴の持つ癒し効果が科学的に検証された効果のことです。うきは市の山あいには、石積みが美しい棚田や、源流の滝へと続く深い森が広がっています。その自然景観の美しさから、平成20年(2008)に北部九州初となる「森林セラピー基地」に認定されました。 四季折々の表情をのぞかせる「つづら棚田」をはじめ、茅葺きの民家群、湧水(わきみず)のせせらぎ、マイナスイオンたっぷりの4つの滝景色、時折すれ違う地元のおじいちゃん、おばあちゃんの笑顔・・・。その風景は、まさに“日本の原風景”というべき懐かしさに満ちあふれています。

滝の水音が音を奏でるように聞こえたことから由来する「調音の滝」。

巨瀬(こせ)の源流の散歩路名物「まるたん橋」。


癒しの旅先案内人と歩く癒しの森

森林セラピーガイド「癒しの旅先案内人」先導のもと、棚田百選に選ばれた風景の中を歩く「つづら棚田の散歩道」、せせらぎの音に沿って歩く水源の森百選の「巨瀬(こせ)の源流の散歩道」の2コースあり。みなさまのご予定に合わせたプランを提案いたします。1週間前までに要予約。
料金:5,000円(1グループあたり※10名まで)

お問い合わせはこちら


ページの先頭へ