[うきはWEB 感動とやすらぎ]うきは市観光体験ホームページ TOPへ

うきはを楽しむ その3

TOP ≫ うきはを楽しむ

うきは市は、福岡県の南東、大分県との県境にあります。
市の南部に東西に横たわる耳納連山と、北部を悠々と流れる筑後川に囲まれ、恵まれた自然環境から県内でも有数の穀倉地帯としても知られています。また、江戸時代、吉井町は豊後街道の宿場町としても賑わい、うきはの農産物で財を成した豪商たちによって建てられた白壁の家々が現在も多く残っています。
そんな「自然と歴史のまち うきは」の楽しみ方をご紹介します。

うきはを楽しむその1

うきはを楽しむその2

うきはを楽しむその3


筑後吉井の白壁の町並み散策

棚田の清流の里で森林セラピー

フルーツの里うきはで春夏秋冬フルーツ狩り


うきはを楽しむその3

「フルーツの里 うきは」で春夏秋冬フルーツ狩り

写真


1月のいちごから始まり、7月には桃やブルーベリー、8月からはぶどうや梨、そして10月の柿と一年中フルーツが収穫できるのは、「フルーツ王国うきは」ならではです。果実の本当の美味しさを知るなら、フルーツ狩りが一番。たわわに実る果実の、甘さやみずみずしさは格別です。また、梨だけでも幸水、豊水、二十世紀、新高など何種類もあり、それらを食べ比べできるのもフルーツ狩りの魅力です。果物の袋かけが体験できる「オーナー制度」を導入している農園もあります。

福岡県で唯一、桃狩りの体験ができる。

赤いマスカット「甲斐路」。珍しい品種のぶどうがいっぱい!


筑後吉井案内人とめぐる白壁の町並み

道の駅うきはに併設する観光案内所では、市内の各観光農園のパンフレットを取り扱うほか、ご希望にあった観光農園をご案内しています。
お気軽にお立ち寄りください。
うきは市観光協会 0943-77-5611

お問い合わせはこちら

観光情報検索
ジャンル: