[うきはWEB 感動とやすらぎ]うきは市観光体験ホームページ TOPへ

モデルコース

TOP ≫ モデルコース ≫ うきはパワースポット巡礼の旅

うきはパワースポット巡礼の旅

清水湧水(清水禅寺)

鎌倉時代に常陸の国の僧侶によって建立された禅寺。 境内には、湧水量1日1,000tを超える湧水があり、地域住民が大切に守ってきました。
昭和60年(1985)に日本名水百選に認定されています。

(車で約5分)


賀茂神社

正平元年(1346)に後醍醐天皇の遺言によって建立された神社。 毎年4月11日、五穀豊穣と無病息災を願う伝統行事「浮羽おくんち」の舞台として知られています。

(車で約10分)


浮羽稲荷神社

伏見稲荷・京都松尾神社・太宰府天満宮の三神が祀られており、五穀豊穣・酒造・健康・学問の神様として親しまれています。
赤い鳥居の石段を昇ると、うきは市が一望でき、桜の名所としても有名です。

(車で約15分)


大生寺

大生寺の大雄宝殿(だいゆうほうでん)は、仏殿は約98平方メートル、本尊薬師如来は行基(ぎょうき)菩薩の作といわれており、貞亨(じょうきょう)4年(1687)博多聖福寺(せいふくじ)より移築された建物です。
殿内に安置されている頭尊者木像は日本にある三体の内の一つといわれています。

(車で約5分)


本佛寺

約31000坪の広々とした境内には神仏をお祀りする11のお堂があり、九州での中心的な霊場と言われています。
本殿には菅原道真公の窮地を救ったとされる"河童の手"が社宝として安置されています。

(車で約15分)


若宮神社

仁平3年(1153)に源為朝(みなもとのためとも)が現在の鎌倉市にある鶴岡八幡宮を分霊し、創建されたと伝えられています。 毎年10月17日・18日に行われる伝統行事"吉井おくんち"の舞台としても親しまれており、期間中は“サー、ヨーイヤセー”など伸びやかなかけ声とともに毛槍行列や稚児行列が町内を練り歩きます。

(車で約5分)


素盞嗚(すさのお)神社

「祇園さま」の名前で親しまれている神社。
吉井祇園の舞台で7月21~22日に、毎年3ヵ所に高さ10メートルあまりの勇壮華麗な山笠が建ち、多くの人々が祇園囃子(ばやし)の調べに誘われて夏の夜の涼を楽しみます。

(車で約15分)


袋田不動尊

戦乱の世に倒れていった戦没者の慰霊のため、いつの頃からか古戦場であるこの地に祀られるようになったお不動様がはじまりと言われています。
高さ10メートルの巨大な不動像は圧巻です。

(車で約5分)


にじの耳納の里で農家バイキング

新鮮な朝獲り野菜やフルーツをはじめ、うきは産小麦を使った麺や地酒など地元の特産品をお買い求め頂けます。
素材にこだわったベーカリーでは焼きたてパンを販売。レストラン『夢キッチン』では、地元の野菜等をふんだんに使ったバイキングが好評です。

観光情報検索
ジャンル: