[うきはWEB 感動とやすらぎ]うきは市観光体験ホームページ TOPへ

観光情報検索

TOP ≫ 観光情報検索

ジャンル : 

季節 : 

キーワード : 


img検索結果: 合計79件見つかりました、1件目~12件目を表示 <1234567>

楠名古墳(くすみょうこふん)

楠名古墳(くすみょうこふん)

楠名古墳は7世紀前半に築造されたと考えられており、重定古墳の南に位置する径32m、高さ約6mの円墳で、石室全長約16mの複室構造の横穴式石室です。装飾古墳ではないですが、玄室※より前室が大きい特異な形状で、前室のほぼ中心が墳丘の頂部と一致するところに巨石を据えた古墳です。 ※玄室・・・横穴式石室や横穴の死者を埋葬する墓室 (国指定史跡) ※石室は通常は施錠されています。詳しくは要問合せ

重定古墳

重定古墳

6世紀後半に築造されたと考えられており、幕末久留米藩の国学者 矢野一貞による「筑後将士軍談」に紹介され、古くから知られていました。 本来、西向きのきれいな前方後円墳ですが、前後左右及び後円部頂上には社地として削平されて当時の姿をとどめておらず、現存長51m、後円部経44m、高さ8.5mとなっています。石室は、大型石材を積み上げた石室全長約15mの複室構造の横穴式石室で、玄室の高さが約3.8mとなっています。玄室の腰石および天井石は一枚石を使用しており、豪壮な感があります。 装飾は、玄室、前室、羨道(せんどう)部※にかけて赤、緑によって同心円文、靭(ゆぎ)※、鞆(とも)※、蕨手文(わらびてもん)※、三角文が描かれていますが、戦時中で防空壕として使用されたほか、戦後の考古学ブームで壁面は落書きや直接手で触っていたため、肉眼では容易に観察できなくなっています。 (国指定史跡) ※羨道・・・古墳の横穴式石室や横穴墓などの玄室と外部とを結ぶ通路部分 ※靭(ゆぎ)・・・矢を入れ,腰につけて持ち歩く筒形の容器 ※鞆(とも)・・・弓を引く際に手首に巻く道具 ※蕨手文(わらびてもん)・・・ワラビの形に似た渦巻状の文様で、呪術的な図文と考えられている ※石室は通常は施錠されています。詳しくは要問合せを

月岡古墳(つきのおかこふん)

月岡古墳(つきのおかこふん)

若宮八幡神社の境内にある「月岡古墳(つきのおかこふん)」は、5世紀半ば頃につくられた若宮古墳群でもっとも古いお墓で、全長80メートルの前方後円墳です。1805年に若宮八幡神社の宮司・安元大炊(やすもとおおい)氏によって発見されました。出土した長持形石棺は、近畿地方の有力者と同様の物だったことから、大和政権に深い関わりのある人物が埋葬されていたと考えられ、現在は、その石棺をご神体にお社(おやしろ)が建てられています。また副葬品として甲冑や、鏡、玉類、刀剣、馬具なども出土し、現在は国の重要文化財として歴史民俗資料館に展示されています。 (うきは市指定重要文化財) ※土日祝日は、町の郷土史会ボランティアが古墳案内をしています(要事前予約)

日岡古墳

日岡古墳

若宮八幡神社の境内にある日岡古墳(ひのおかこふん)は、全長74メートル、高さ5メートルの装飾古墳で、6世紀後半につくられたと言われています。後円部には横穴式石室があり、奥の壁面には赤・白・緑の3色で同心円文、わらび手分、三角文など幾何学的な文様が描かれ、周囲の壁には武具、魚、船、馬、獣などが色を使い分けて描かれています。その芸術性の高さから県を代表する装飾古墳のひとつとして国の史跡にも指定されています。現在は天井部分の石が崩落しており、上からのぞき込む形で見学可能となっています。 (国指定史跡) ※石室は通常は施錠されています。 ※土日祝日は、町の郷土史会ボランティアが古墳案内をしています(要事前予約)

珍敷塚古墳

珍敷塚古墳

古墳時代後期(6世紀)に造られた円墳。昭和25年、採土工事中に発見されたものですが、現在奥と右側の壁のみが残されています。珍敷塚古墳の最大の特徴は、奥の壁に描かれた壁画で、古代人の信仰思想の一端を伺い知ることができる貴重な資料です。 奥壁の壁画、左上には大きな同心円文が、その下にはゴンドラ形の船があります。その船の舳先(へさき)には鳥が止まっており、櫂を持つ人物が船を操る姿が見えます。中央には、死者を守るためなのか、弓矢が入った靭(ゆぎ)※が3個並んでおり、大きな蕨手文(わらびてもん)が左の靭の間から描かれています。右端の靭の隣には弓と盾を持った人物がおり、その下には古代中国で月を表す図文であるといわれるヒキガエルが2匹描かれ、上のヒキガエルの横には小円文があります。 このように、珍敷塚古墳の壁画には、ここに葬られた人物が、太陽の輝く陽の世界から、月を支配する陰の世界へ、鳥の導く船で現世から来世へと旅立とうとする姿が表されているといわれています。 現在、この壁画は保存施設内にあり見学することができます。 ※靭(ゆぎ)・・・矢を入れ,腰につけて持ち歩く筒形の容器 ※蕨手文(わらびてもん)・・・ワラビの形に似た渦巻状の文様で、呪術的な図文と考えられている (国指定史跡)

原古墳

原古墳

内部には西に開口する単室の横穴式石室があり、奥壁の腰石と側壁の一部に赤色の壁画が残ります。奥壁の絵は、中央に準構造線のような大型の船が描かれており、右側が船首で、大きな櫂が2本描かれています。船上には弓を持った人物と櫂を操る人物が乗っており、馬もしくは遺体を納めた屋形を見ることができます。船尾の近くには3個の靭(ゆぎ)※が、また、右上部には弓を持った人物が描かれています。奥壁は一度抜き取られ戻されましたが、誤って反対向きに置かれたため、そのまま壁画が外を向いて保存されています。 (国指定史跡) ※靭(ゆぎ)・・・矢を入れ,腰につけて持ち歩く筒形の容器

鳥船塚古墳

鳥船塚古墳

原古墳の南135mに位置する円墳で、内部主体は西に開口する単室の横穴式石室ですが、奥壁の腰石2段が残るだけで石室は破壊されています。 奥壁の絵は、2段目に大きな盾が描かれ、1段目には同心円文と船、2個の靭(ゆぎ)※が描かれています。船は人物が乗った大型の船で、帆をはる柱は2ヶ所、大きな櫂もあります。船の舳先(へさき)と艫(とも)※には鳥が各1羽止まっています。 (国指定史跡) ※靭(ゆぎ)・・・矢を入れ,腰につけて持ち歩く筒形の容器 ※艫(とも)・・・船尾

古畑古墳

古畑古墳

鳥船塚古墳の南200mに位置する径約20m、高さ約3mほどの円墳で、墳丘は2段築成で段築面に円筒埴輪、人物埴輪が並んでいました。屋形古墳群中最高所に位置します。内部主体は南西に開口する複室の横穴式石室です。奥壁の鏡石には赤色で4個の大きな同心円文を中心に据え、三角文と小円文、大の字形に手足を広げた人物像などが描かれています。同心円文を中心に据える点から、日岡古墳と似たタイプの壁画を持つ古墳であるといえます。 (国指定史跡)

塚花塚古墳

塚花塚古墳

塚花塚古墳は、古墳時代中期・6世紀後半に築造されたといわれる円墳で径約30m、高さ約6mで、南面した石室が構築されています。羨道※は破壊されて見ることはできませんが、前室は長さ2.2m・幅2.7m、後室は長さ3.3m・幅2.9m・高さ3.7mである。天井石や後室壁など巨岩を使用しています。壁画はこの奥壁を主体として描かれ、赤・緑・黄の三色を用い、3個の大わらびて紋や5個の同心円をはじめ、靭や三角紋などが岩面いっぱいに描かれています。明治26年頃の発掘で、金・銅製馬具・太刀・鉄鏃・玉類・須恵器など多数出土したと言われています。 なお、この地方は耳納山麓古墳群の東端にあたり、付近には法正寺古墳をはじめ、前方後円墳や大・小円墳が密集していましたが、その後の土地開拓や大石堰構築などにより、次々と壊されましたが、なおこの付近一帯には、それらの遺跡が多く点在していて往時をしのぶことができます。また、甕棺・石棺なども多数出土しています。 (国指定史跡) ※羨道(えんどう)・・・古墳の横穴式石室や横穴墓などの玄室と外部とを結ぶ通路部分 ※石室は通常は施錠されています。詳しくは要問合せ

うきは名水株式会社

うきは名水株式会社

うきはの天然水は阿蘇山と耳納連山を水源とし、硬度は約50度と軟水の中でもちょうど中間に位置するまろやかで非常に飲みやすいナチュラルミネラルウォーターです。 除菌方法として、ろ過(フィルター除菌)のみで除菌することにより、そのまま味をお届けするとともに、キャップ・ボトル等の資材全てにおいて、厳しい品質・衛生管理を行っております。全ては安心・安全・高品質なおいしいピュアなお水をお客様にお届けするために尽力しております。 また、赤ちゃんのミルク用としても使用でき、その他お茶やコーヒーに使用すれば素材の良さを最大限に引き立てます。  

耳納豚足 山歩(さんぽ)

耳納豚足 山歩(さんぽ)

臭みがなく香ばしい焼き上がりと、すっとほぐれる柔らかさで大人気の焼き豚足専門店。おいしさの秘密は、手間を惜しまずじっくり時間を掛けた独自の製法。「豚足は苦手だけれども山歩のみのう豚足だけは別」「冷めてもおいしく食べられる」と評判を呼び、テレビ、雑誌でもたびたびご紹介いただいています。 生産数が限られているので、完売になりしだい閉店となります。焼きたてのお持ち帰りや店内でのお召し上がりをご希望の場合は、事前に電話でご予約・お問い合わせをお願いいたします。 ピリリとした刺激のブラック・ペッパー味、刺激を抑えたマイルドなしお味、独自の燻製醤油を使った香り豊かなスモーク風味、お料理用具材としてお薦めのプレーン味の4種類がございます。なおスモーク風味とプレーン味は少量生産となっております。

パシーマ [pasima]

パシーマ [pasima]

余分なものを一切足さないシンプルな寝具、パシーマ。身の回りにある寝具の多くが、様々な素材・薬剤を組み合わせた「足し算」で作られています。パシーマは自然のもめんを精製して、油脂分などの不純物を取り除き、抗菌剤・柔軟剤・蛍光増白剤・糊料・防かび剤など余分なものを使用せずに製造しています。余分なものを一切使わないことで、心も体もリラックスします。今まで気づかなかった体が求める睡眠環境を、四季を通じてご提供することで、快眠からはじまる健康のお手伝いをしたいと思います。また、パシーマは繊維製品の国際安全基準である「エコテックス規格100」で最高クラスである「クラス(Ⅰ)」に認定されています。やさしい使い心地はもちろん、赤ちゃんがなめても安心です。第6回「ものづくり日本大賞」で九州経済産業局長賞を受賞(パシーマチーム)、第9回「キッズデザイン賞」を受賞(パシーマベビーシリーズ)しました。

img検索結果:合計79件見つかりました、1件目~12件目を表示 <1234567>


ページの先頭へ