[うきはWEB 感動とやすらぎ]うきは市観光体験ホームページ TOPへ

観光情報検索

TOP ≫ 観光情報検索

ジャンル : 

季節 : 

キーワード : 


img検索結果: 合計79件見つかりました、37件目~48件目を表示 <1234567>

賀茂神社

賀茂神社

正平元年(1346)に後醍醐天皇の遺言に従い、郡司日田出羽守 大蔵永敏目代山北四郎大蔵永高が奉行し、熊懐平右馬太夫波多宿祢行景(くまだきひょうまだゆうはたのすくねゆきかげ)が斎主となり 、山城国愛宕郡賀茂下上大神(上賀茂神社、下賀茂神社)を奉遷したことが起源。行景が初代大宮司となりました。 正平16年(1361)征西将軍懐良親王が九州を兵乱や戦禍から守るため、竹林因三位中将を奉勅使に送り賀茂神社に幣物を奉って、山城国の賀茂祭の格式によって祭祀を行い、天下泰平を祈りました。この祭りは代々受け継がれて、今日の「おくんち」として伝わっています。 毎年4月11日、五穀豊穣と無病息災を願う伝統行事「浮羽おくんち」が行われます。山北地区の賀茂神社本殿で神事と浦安の舞が奉納された後、隈上正八幡宮を往復する行列には、振毛槍や子ども楽、かわいい稚児などが並び時代絵巻を思わせる華やかな行列に、沿道から盛んな声援が送られます。 賀茂神社境内には、たくさんの露店が軒を連ね多くの観光客で賑わいをみせます。

吉井歴史民俗 資料館

吉井歴史民俗 資料館

町内の古墳から出土した土器や甕棺、そのほか、副葬品などの考古資料をはじめ、農業や商業・生活面から町の成り立ちを振り返る様々な民俗資料が充実した施設です。その中でも、国の重要文化財にも指定されている若宮古墳群「月岡古墳」の出土品の特設コーナーが見どころとなっています。

浮羽歴史民俗資料館

浮羽歴史民俗資料館

江戸・明治・大正時代の農耕機具や、衣・食・住の資料が展示され、先人の暮らしぶりを伺うことのできる資料館です。国指定史跡重定古墳の、模写壁画も展示されています。 

小椎尾神社

小椎尾神社

元久の頃(1205頃)、時の将軍源頼朝の寵愛をうけていた丹後局は、将軍の死後身の危険をさけるため、その兄・比企能員(ひきよしかず)の依頼を受けた越生越前守 広斉に伴われて鹿児島の坊之津に下り、その後八代を経てこの地に落ちのびて来たといわれ、広斉は東山(現在の烏岳)に東山城を築いてこの地方を治め、またこの小椎尾神社も勧請※されたと伝えられています。その後、寛分3年(1663年)3月の大洪水で社殿流出、同5年歴木山に遷宮※して現在に至っています。 神社内に奉納されている敷板(小椎尾神社旧神像敷板)には、康正2年東山城主 越生越前守広斉の名があります。また、敷板と合わせて、農耕絵馬も市の有形民俗文化財に指定されています。 ※勧請(かんじょう)・・・分霊を他の神社に移して鎮祭すること。 ※遷宮(せんぐう)・・・神社の本殿の造営または修理の際に、神体を従前とは異なる本殿に移すこと。

屋部宮地嶽神社

屋部宮地嶽神社

地元では、お正月の三社参りで訪れる神社として知られ、若宮八幡宮と並んで、吉井町では若宮八幡宮と並んで初詣客が多い神社です。

田篭諏訪神社

田篭諏訪神社

諏訪信仰の総本社、長野県・諏訪大社でも行われている粥占いが行われることで有名な神社です。「粥占い」は、粥に生えたカビの色やその生え方で、その年の農作物の出来を占う伝統行事です。毎年1月15日、宮司(あるいは氏子総代)みずから3合3勺の「粥」を炊き、それを陶製の皿に盛り、筑前・筑後・豊前・前後の4区に区分して御粥箱に入れ、神殿に納めておきます。そして2月の卯の日(現在は3月20日)に「お粥開き」を行い、カビの生え方や、色の付き方などによってその年の吉凶を占います。記録は粥面の絵を描き、はじめに占いを簡単に書き、年末にその年の実況を記入するようになっています。1782年(天明2年)から現在までその記録は残されており、この「粥占い」の記録と御粥箱は、県指定文化財にもなっています。

浮羽稲荷

浮羽稲荷

城ヶ鼻公園内にある浮羽稲荷は、伏見稲荷神社から稲倉魂の神(うがみたまのかみ)通称、稲荷大神(いなりおおかみ)」、京都松尾大社からは大山咋の神(おおやまぐいのかみ)、太宰府天満宮からは菅原道真公の三神が祀られており、商売繁盛、五穀豊穣、酒造と健康、長命長寿、学問の神様と言われています。山に沿って続く赤い鳥居を登ると、見晴らしのよい景色が広がるビュースポットで、天気がよければ、原鶴温泉や遠くは甘木方面を見渡すことができます。春は桜の名所としても知られています。 ※勧請(かんじょう)・・・分霊を他の神社に移して鎮祭すること。

くどづくり平川家 (平川家住宅)

くどづくり平川家 (平川家住宅)

平川家住宅は、上から見ると棟がコの字型をした「くど造り」と呼ばれる形式の民家です。「くど」とはかまどの意であり、家屋を正面から見たとき「くど」のように見えることから、そのように呼ばれるようになりました。 平川家住宅を正面から見ると、寄棟造妻入りの建物3棟が並んで建っているように見えます。左側が納屋、中央が土間部、右側が床上部にあたります。しかし、土間部と床上部は建築構造の点でも間取りの点でも一体であり、実際は「納屋」と「主屋」の2棟となっています。土間部と床上部の屋根はくど造りであり、上から見るとコの字状になっています。さらに土間部の屋根と床上部の屋根の間の谷間になる部分には瓦製の雨樋があり、雨水が家屋前方に放出されるようになっています。床上部には下手(向かって左)に「ごぜん」「だいどこ」、上手(向かって右)に「ざしき」「なかなんど」「かわなんど」がある(「なんど」は寝室の意)。土間部は手前の「うちにわ」と奥の「おくにわ」に分かれ、「芋がま」や「大くど」が現在もそのまま残されています。平川家住宅の最初の建築は資料によって江戸時代中期とも後期とも言われていますが、建築当初は今より規模が小さく、「ざしき」「なかなんど」「かわなんど」の部分は増築です。「ざしき」の仏壇に文政3年(1820年)の墨書があり、「ざしき」部分の増築はこの時と推定されています。「なんど」部分の増築時期はさらに遅れ、納屋は明治時代の建築です。平川家住宅は1971年6月に、主屋と納屋が国の重要文化財に指定。現在も住居として利用されていますが、事前予約で内部を見学することができます。 (国指定重要文化財) ※現在も住居として使用されています。見学の際は、住人の方へお声かけをお願いいたします。

吉井の麺・吉井素麺

吉井の麺・吉井素麺

筑後平野に広がるうきは市は、島原(長崎県)・神埼(佐賀県)と並ぶ『九州三大麺どころ』のひとつに数えられています。浮羽麺の起源は江戸時代にさかのぼります。五人の庄屋が切り開いたという治水工事で灌漑(かんがい)用水に恵まれたため、米の裏作としての麦の生産量が増え、保存のきく乾麺を作ったことに始まります。寒暖の差が大きいうきはの気候は、麺の乾燥に適しており、また豊富な地下水にも恵まれ、そうめんを始め、冷麦・うどん・そばなどの生産に力を注きました。 現在、製麺に携わるのは8社あります。最近ではラーメンやパスタといった様々な種類の麺も生産されるようになりました。また、製麺会社の有志により毎年「母の日」に『浮羽麺まつり』を開催し、自慢のそうめんを味わってもらおうと、山で採った竹を使う本格的なそうめん流しを行っています。 吉井素麺は吉井のおいしい水でこね、生地を一晩熟成させ、油を使わず打粉(でんぷん)で丹精に一本一本造りあげています。透き通るような透明度、滑らかな喉ごし、コシのある絶妙な歯ごたえは、これまでの素麺の概念を覆す衝撃をうけるばすです。ぜひご賞味ください。吉井素麺の製造元「長尾製麺」では、その場で吉井素麺がいただける「うどん屋 井戸」を週末限定で営業しています。

浮羽茶

浮羽茶

うきは市の山間部では、朝夕の寒暖差があり霧がかかる谷という、美味しいお茶づくりの気候と地形に恵まれ、約20軒の農家がお茶づくりを営んでいます。力強い旨味にあふれ、名水百選の地として知られる美味しい水で育てられたお茶は、県の品評会で数々の賞にも輝いています。また減農薬にも取り組んでおり「安心・安全」なお茶づくりを行っています。 また「うきはのお茶」を広くPRするために、市内のお茶生産者が集まった「うきは茶振興会」では、うきはの良質茶葉100パーセント厳選使用のペットボトル500ml入りのお茶「うきはん茶」(1本 140円)を考案。道の駅うきは、JAにじ 耳納の里」、うきは市役所(この3ヵ所には専用の自販機もあり)、浮羽町内のスーパーなどで販売しています。

一の瀬焼

一の瀬焼

筑後地区の西方、うきは市浮羽町が誇る伝統工芸「一の瀬焼」。今から400年前、豊臣秀吉が朝鮮に出兵した際、連れ帰った陶工たちによって開かれたのが始まりと言われています。近世は久留米藩の御用窯となっていましたが、明治維新の際しばらく廃窯となり、昭和34年に再興し、現在6軒の窯元があります。 花瓶・茶器など実用的なものを中心に、その素朴な中にも作り手の情熱が光る作風が人気を呼んでいます。現在は6軒の窯元があり、それぞれ独自の陶風で親しまれています。また、陶芸体験や絵付け体験ができる窯元もあります。 毎年5月のG.Wや11月の連休に「一の瀬陶器祭り」を開催。期間中は、各窯元が自慢の焼物を展示即売します。掘り出し物などもたくさんあり、多くの買い物客で賑わいます。 窯元紹介 ●一の瀬焼・田中窯元 伝統と現代感覚の調和をテーマに、人の心に深く響く民陶づくりを探求。昔ながらの薪窯焼成や自家調合の釉薬といったこだわりの技術で、高い芸術性を備えた珠玉作品を作り上げている。 ・住所:うきは市浮羽町朝田1050-1 ・問合せ: 0943-77-2974(4名~30名程度対応可能。事前に要連絡) ・受付時間:8:00~20:00 ・陶芸体験料金:有料(詳しくは要問合せ) ・休業日:なし ・駐車場:あり ●丸田窯 日本でも数少ない、塩釉(しおぐすり)の技法が醸し出す美しい艶(つや)。小唐津の伝統を受け継いだ、素朴で親しみやすいフォルム。親子2代で創り上げた独創的な作品の数々は、愛陶家たちに親しまれている。 ・住所:うきは市浮羽町朝田1133-2 ・問合せ: 0943-77-2749(80名程度対応可能。事前に要連絡) ・受付時間:8:00~20:00 ・陶芸体験料金:有料(詳しくは要問合せ) ・休業日:なし ・駐車場:あり ●明窯 「生活用具の中に美を盛り込む」という物づくりの原点に立ち返った、心豊かな作風に特徴がある。しっかりと風土に根をおろした力強い作品が、薪による手間暇かけた焼成技術から生み出されている。 住所:うきは市浮羽町朝田1166-21、問合せ: 0943-77-4755 ●陶秀苑 素朴な風情の中に現代的なセンスを秘めた、優雅で精緻な作風で人気。薪窯で1度素焼きし、その上に灰釉、鉄釉、鋼釉など釉薬をかけて本焼きする2度窯の技法で、奥行きの深い味わいを出している。 住所:うきは市浮羽町朝田1101-4、問合せ: 0943-77-5803 ●永松窯 朝鮮李朝の流れをくむ作品の数々は、素朴な中にも、詫び寂び(わびさび)の美学が結集した名陶として知られている。灰釉、鉄釉、銅釉、辰砂釉、ソバ釉など、多彩な釉薬を用いた精巧で優雅な優しさに定評がある。 住所:うきは市浮羽町朝田143-2、問合せ: 0943-77-2460 ●雲水窯 伝統の作風を生かしつつ、見て、使ってそして喜ばれ、心が癒される作品づくりを目指しています。 住所:うきは市浮羽町朝田1050-2、問合せ: 0943-77-2564詳しくは、うきは市観光協会へお問い合わせください。

フルーツ

フルーツ

福岡県の東南部に位置する浮羽町は、肥沃な土地や温暖な気候という風土と、筑後川と3本の支流が交わる豊かな水量と、名水百選にも選ばれている美味しい水に恵まれ、果物栽培の環境に適していることから「フルーツの里」として知られています。市内には果物狩りができる観光農園が点在しており、1年を通して、いちごやブルーベリー、桃、ぶどう、梨、柿の果物狩りを楽しめることから、観光農園を総称して「うきはフルーツ村」と名付けられています。8月から秋にかけては、さまざま種類のフルーツ狩りが本格的に楽しめる季節。8月中旬には、道の駅うきはにて、「うきはフルーツ村開村式」が開され、巨峰狩りをはじめ、一の瀬焼陶芸体験・温泉入浴体験が楽しめます。各園駐車場・休憩所もあります。

img検索結果:合計79件見つかりました、37件目~48件目を表示 <1234567>


ページの先頭へ