[うきはWEB 感動とやすらぎ]うきは市観光体験ホームページ TOPへ

観光情報検索

TOP観光情報検索 ≫ 長野水神社(五霊社)

ジャンル : 

季節 : 

キーワード : 


長野水神社(五霊社)

長野水神社(五霊社)

江戸時代、寛文3年(1663年)の大干ばつを機に、山下助左衛門をはじめ、五人の庄屋が筑後川が流れる大石地区に堰を造り、掘割を掘って水を引く開削※工事を久留米藩に申し出ましたが、筑後川を利用した用水路開削工事は難事業であるため、藩からの許可はなかなか下りませんでした。五人の庄屋は失敗したら処刑になる覚悟で請願書を提出し、この難工事に着手して寛文4年(1664年)3月完成に至りました。この偉業をたたえて五人の庄屋を祀ったのが長野水神社(五霊社)です。4月8日の春の大祭には、小学生による「浦安の舞」が奉納され、露店も出店し、現在も五庄屋の恩恵を受けている多くの人々が参拝に訪れます。また、長野水神社は桜の名所で、シーズンには花見客でにぎわいます。
創建年代 :1661年~1673年
※開削・・・土地を切り開いて道路や運河などを通すこと
所在地 うきは市吉井町桜井208-1
営業時間
休日 無休
お問合せ 0943-77-5611(うきは市観光協会)
ジャンル 見る
季節 通年

春は桜の名所としても知られています

かつては暴れ川として恐れられていた筑後川も、井堰を作ったことにより、恵みの川になりました

検索結果へ戻る


ページの先頭へ