[うきはWEB 感動とやすらぎ]うきは市観光体験ホームページ TOPへ

観光情報検索

TOP観光情報検索 ≫ 賀茂神社

ジャンル : 

季節 : 

キーワード : 


賀茂神社

賀茂神社

正平元年(1346)に後醍醐天皇の遺言に従い、郡司日田出羽守 大蔵永敏目代山北四郎大蔵永高が奉行し、熊懐平右馬太夫波多宿祢行景(くまだきひょうまだゆうはたのすくねゆきかげ)が斎主となり 、山城国愛宕郡賀茂下上大神(上賀茂神社、下賀茂神社)を奉遷したことが起源。行景が初代大宮司となりました。
正平16年(1361)征西将軍懐良親王が九州を兵乱や戦禍から守るため、竹林因三位中将を奉勅使に送り賀茂神社に幣物を奉って、山城国の賀茂祭の格式によって祭祀を行い、天下泰平を祈りました。この祭りは代々受け継がれて、今日の「おくんち」として伝わっています。
毎年4月11日、五穀豊穣と無病息災を願う伝統行事「浮羽おくんち」が行われます。山北地区の賀茂神社本殿で神事と浦安の舞が奉納された後、隈上正八幡宮を往復する行列には、振毛槍や子ども楽、かわいい稚児などが並び時代絵巻を思わせる華やかな行列に、沿道から盛んな声援が送られます。
賀茂神社境内には、たくさんの露店が軒を連ね多くの観光客で賑わいをみせます。

所在地 うきは市浮羽町山北1
営業時間
休日 無休
お問合せ 0943-77-5611(うきは市観光協会)
ジャンル 見る
季節 通年

毎年4月11日に行われる伝統行事「浮羽おくんち」の毛槍の様子

浮羽おくんちでの稚児行列の風景。沿道から温かい声援が送られます。

検索結果へ戻る


ページの先頭へ