[うきはWEB 感動とやすらぎ]うきは市観光体験ホームページ TOPへ

観光情報検索

TOP観光情報検索 ≫ 田篭諏訪神社

ジャンル : 

季節 : 

キーワード : 


田篭諏訪神社

田篭諏訪神社

諏訪信仰の総本社、長野県・諏訪大社でも行われている粥占いが行われることで有名な神社です。「粥占い」は、粥に生えたカビの色やその生え方で、その年の農作物の出来を占う伝統行事です。毎年1月15日、宮司(あるいは氏子総代)みずから3合3勺の「粥」を炊き、それを陶製の皿に盛り、筑前・筑後・豊前・前後の4区に区分して御粥箱に入れ、神殿に納めておきます。そして2月の卯の日(現在は3月20日)に「お粥開き」を行い、カビの生え方や、色の付き方などによってその年の吉凶を占います。記録は粥面の絵を描き、はじめに占いを簡単に書き、年末にその年の実況を記入するようになっています。1782年(天明2年)から現在までその記録は残されており、この「粥占い」の記録と御粥箱は、県指定文化財にもなっています。
所在地 うきは市浮羽町田篭1368-1
営業時間
休日 無休
お問合せ 0943-77-5611(うきは市観光協会)
ジャンル 見る
季節 通年

県指定文化財に指定されている「かゆ占い」

3月20日にお粥開きが開催。お粥に生えたかびの付き具合や色で天候、農作物の豊凶などを予測します

検索結果へ戻る


ページの先頭へ