[うきはWEB 感動とやすらぎ]うきは市観光体験ホームページ TOPへ

観光情報検索

TOP観光情報検索 ≫ 重定古墳

ジャンル : 

季節 : 

キーワード : 


重定古墳

重定古墳

6世紀後半に築造されたと考えられており、幕末久留米藩の国学者 矢野一貞による「筑後将士軍談」に紹介され、古くから知られていました。
本来、西向きのきれいな前方後円墳ですが、前後左右及び後円部頂上には社地として削平されて当時の姿をとどめておらず、現存長51m、後円部経44m、高さ8.5mとなっています。石室は、大型石材を積み上げた石室全長約15mの複室構造の横穴式石室で、玄室の高さが約3.8mとなっています。玄室の腰石および天井石は一枚石を使用しており、豪壮な感があります。
装飾は、玄室、前室、羨道(せんどう)部※にかけて赤、緑によって同心円文、靭(ゆぎ)※、鞆(とも)※、蕨手文(わらびてもん)※、三角文が描かれていますが、戦時中で防空壕として使用されたほか、戦後の考古学ブームで壁面は落書きや直接手で触っていたため、肉眼では容易に観察できなくなっています。
(国指定史跡)
※羨道・・・古墳の横穴式石室や横穴墓などの玄室と外部とを結ぶ通路部分
※靭(ゆぎ)・・・矢を入れ,腰につけて持ち歩く筒形の容器
※鞆(とも)・・・弓を引く際に手首に巻く道具
※蕨手文(わらびてもん)・・・ワラビの形に似た渦巻状の文様で、呪術的な図文と考えられている

※石室は通常は施錠されています。詳しくは要問合せを
所在地 うきは市浮羽町朝田681-1
営業時間 ※保存上の理由から一般公開していません
休日
お問合せ 0943-75-3120(うきは市立吉井歴史資料館(月曜休館))
ジャンル 見る
季節 通年

上:重定古墳右側壁 

左上・右上:重定古墳奥壁

検索結果へ戻る


ページの先頭へ