[うきはWEB 感動とやすらぎ]うきは市観光体験ホームページ TOPへ

観光情報検索

TOP観光情報検索 ≫ 月岡古墳(つきのおかこふん)

ジャンル : 

季節 : 

キーワード : 


月岡古墳(つきのおかこふん)

月岡古墳(つきのおかこふん)

若宮八幡神社の境内にある「月岡古墳(つきのおかこふん)」は、5世紀半ば頃につくられた若宮古墳群でもっとも古いお墓で、全長80メートルの前方後円墳です。1805年に若宮八幡神社の宮司・安元大炊(やすもとおおい)氏によって発見されました。出土した長持形石棺は、近畿地方の有力者と同様の物だったことから、大和政権に深い関わりのある人物が埋葬されていたと考えられ、現在は、その石棺をご神体にお社(おやしろ)が建てられています。また副葬品として甲冑や、鏡、玉類、刀剣、馬具なども出土し、現在は国の重要文化財として歴史民俗資料館に展示されています。
(うきは市指定重要文化財)

※土日祝日は、町の郷土史会ボランティアが古墳案内をしています(要事前予約)
所在地 うきは市吉井町若宮366-1
営業時間 原則毎月第3土曜日、10:00~14:00で古墳見学案内時のみ公開
休日 年末年始(12月29日~1月3日)
お問合せ 0943-75-3120(うきは市立吉井歴史民俗資料館(月曜休館)) ※見学の場合は5日前までに要事前予約
ジャンル 見る
季節 通年

月岡古墳出土 金銅装眉庇付鉄冑(こんどうそうまひざしつきてつかぶと)

月岡古墳出土 金銅張脛当  帯金具

検索結果へ戻る


ページの先頭へ