[うきはWEB 感動とやすらぎ]うきは市観光体験ホームページ TOPへ

観光情報検索

TOP観光情報検索 ≫ 塚花塚古墳

ジャンル : 

季節 : 

キーワード : 


塚花塚古墳

塚花塚古墳

塚花塚古墳は、古墳時代中期・6世紀後半に築造されたといわれる円墳で径約30m、高さ約6mで、南面した石室が構築されています。羨道※は破壊されて見ることはできませんが、前室は長さ2.2m・幅2.7m、後室は長さ3.3m・幅2.9m・高さ3.7mである。天井石や後室壁など巨岩を使用しています。壁画はこの奥壁を主体として描かれ、赤・緑・黄の三色を用い、3個の大わらびて紋や5個の同心円をはじめ、靭や三角紋などが岩面いっぱいに描かれています。明治26年頃の発掘で、金・銅製馬具・太刀・鉄鏃・玉類・須恵器など多数出土したと言われています。
なお、この地方は耳納山麓古墳群の東端にあたり、付近には法正寺古墳をはじめ、前方後円墳や大・小円墳が密集していましたが、その後の土地開拓や大石堰構築などにより、次々と壊されましたが、なおこの付近一帯には、それらの遺跡が多く点在していて往時をしのぶことができます。また、甕棺・石棺なども多数出土しています。
(国指定史跡)
※羨道(えんどう)・・・古墳の横穴式石室や横穴墓などの玄室と外部とを結ぶ通路部分

※石室は通常は施錠されています。詳しくは要問合せ
所在地 うきは市浮羽町朝田1235-2
営業時間 ※保存上の理由から一般公開していません
休日 年末年始(12月29日~1月3日)
お問合せ 0943-75-3120(うきは市立吉井歴史民俗資料館(月曜休館))
ジャンル 見る
季節 通年


検索結果へ戻る


ページの先頭へ